29歳の自分に会いにきた

アラサー貧困女。大丈夫になりたい。

【返済】中間報告_20210425

前回(2021年3月時点)
  • 奨学金:1,370,730円
  • 信販系カードローン:154,164円
  • 母からの借金:70,000円 ※保留中

  残高合計  △159万4894円

今回(2021年4月時点)
  • 奨学金:1,356,518円
  • 信販系カードローン:144,753円
  • 母からの借金:70,000円  ※保留中

  残高合計  △157万1271円

------------------

 

パソコンのほうのブログデザインを変えました!

かわいい。うれしい。

 

相変わらずちまちまと返済しております。

一人暮らしなんかして大丈夫だろうか、滞りなく返済していけるだろうかと思っていたけど、案外大丈夫だった。

実家に住めるなら実家がいいよ!節約になるし!との一部世間の声も聞いてきたけど、車がなくちゃ不便な立地な上に親に気を遣ってストレス貯めて暮らすよりは、一人暮らしのほうがお財布にも健康にも良かった。私はね。

 

ストレスが皆無なので爆買いもドカ食いもしないし。

(実家がいいよ!という人のいう実家は、いわゆる"太い実家"を指しているのでしょう)

 

やっと要領よく生きられるようになったなあ

なんて思えるときが来るとしたら、それは死に際なのかも。

やっちまったなあ、な経験はきっとこれからも増え続けるし、それはもう捉え様だからしかたないし、だったらごきげんな思い出でそれを上書きし続けたい。

例えば、15時のおやつを近所のパン屋さんに買いに行くとか。いってきます。